開催当日のボランティア

前日(5月2日)

  • 各会場の設営、資材物品の移動など
  • 飲食コーナーの食材下ごしらえ

当日(5月3日・4日)

  • 当日は軽装(動きやすい格好、靴など)でお越し下さい。季節的に夜遅くなると屋外は冷え込むので、上着を持つと安心です。作業の都合で軍手や筆記用具はあると便利です。
  • 荷物置き場はほとんどありませんので、貴重品などの管理はご自分でお願いします。紛失、盗難については、実行委員会では責任を持ちません。
  • 全員、朝一旦本部(市民グラウンドの東側、多目的広場)で、各自ボランティア登録をお願い致します。そして共通する施設の設営を全員で行います。
  • その後、配属先、活動場所が決まっている方は各リーダーの指示に従ってください。配属先がわからない方、当日登録者は当日受付時にご案内いたします。
  • スタッフカードを当日お渡しします。ボランティア従事の間は必ず首から下げておいてください。カードホルダーはボランティア参加終了時に必ず返却してください。来年も使用致します。
  • 演奏会場担当は、屋外会場と屋内会場では若干異なりますが、演奏中の会場警備や観客の誘導、交通整理そして会場の盛り上げなどを行います。観客が楽しく見ていただくように安全第一を優先します。演奏が終わりましたら(会場によって終了時間は異なる)資材の撤収や清掃を行います。
  • Tシャツ販売センター担当は、Tシャツやグッツの販売、募金の呼びかけ、そしてパンフレットの配布などを行います
  • 飲食ブース(市民グラウンドや城跡公園)担当者は食材を焼いたり、揚げたり、また加工して販売します。また、飲料としてビールやお茶なども販売します。
  • 資材運搬担当者は資材・物品を会場間に運送したり、本部から離れた会場に弁当なども配ります。軽トラックや2t車などを運転できる方は歓迎です。
  • エコブース(市民グラウンド、城跡公園、城北通り商店街北入口、桃園小学校に設置)では、担当者は基本的にはゴミは自宅に持ち帰りをお願いしているが、会場内で出たゴミを分別して出してもらうよう働きかけます。
  • バス班では無料バス(パラダイス号)を出し、JR高槻駅,阪急高槻市駅から主だった会場に観客を乗せています。バス内でもミュージシャンの楽しい演奏が行われ、盛り上がります。担当者は安全に運行するようお客の誘導を致します。
  • アートの森コーナーでは、城跡公園と市民グラウンドにアートな作家さんが出展販売を致します。担当者は作家さんの受付や会場整理などを致します。

翌日(5月5日)

  • 市民グラウンドや城跡公園、桃園小学校などの撤収、清掃、整地などを行います。我々のモットーは「借りた時よりも綺麗に返そう」です。

それ以外には 特定の日にお手伝いを募集することがあります。例えば、ミュージシャンやボランティアさんの説明会、パンフレットの移動、資材を保管している倉庫の管理、ポスター貼り、ジャズスト写真展の準備、桜まつりでのPRなど沢山の「手」が必要です。その時は登録ボランティアへ適宜ご案内をいたします。

ボランティア登録やお問い合わせは、ボランティア募集をご覧ください。